バイオリンを練習させよう

他の子どもに差をつけよう

早くバイオリンを習うことで、上達しやすいです。
難しい曲でも、うまく演奏できるので自信がつくでしょう。
習うのが遅くなると、逆にみんなが演奏できる曲を、うまく弾けないので自信を失ってしまいます。
するとバイオリンを嫌いになってしまいので、才能はもう伸びません。
小さなころから習っていれば、技術を伸ばしやすいと言われます。

子どもを音楽の道に進ませたいなら、幼稚園児ぐらいから習わせるのがおすすめです。
バイオリンをうまく弾けるようになったら、かっこいいですし将来の幅が広がります。
どんどんライバルに差をつけられるように、幼い頃から教室に通わせましょう。
コンクールにたくさん出て、賞をもらえるとさらに自信に繋がります。

早く習うことの意味とは

バイオリンを習うなら、できるだけ早い方が良いと言われます。
それは、子どもの方が早く才能が伸びるからです。
大人になってからでは、練習をたくさんしても才能が伸びません。
音楽の道に進むのが、難しくなってしまいます。
ですから子どもの将来を、早く決めることが重要です。
小学校に入学すると、国語や算数の勉強もしなければいけません。

するとバイオリンの練習をする時間も、なくなってしまいます。
幼い頃から習っていれば、自分で時間を決めて練習することにもなれます。
ですから勉強と練習の両立も、うまくできるでしょう。
ある程度大きくなってからバイオリンを習っても、勉強と両立できなくて、最終的にどちらも疎かな状態になってしまいます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る