パーカッションの習い事

ダンスにも必要なスキル

リズム感があれば音楽を綺麗に演奏できますし、ダンスをうまく踊ることもできます。
ですから子供に、リズム感を養える習い事をさせる親が増えています。
小学校の授業にもダンスが取り入れられているので、小さい頃からリズム感を鍛えて準備しておくのは良い方法です。
楽器を習えばリズム感が鍛えられると言われますが、特におすすめなのはドラムです。

地味に感じますが、合奏する時はリズムを刻む役割を担っています。
ドラムのリズムが狂うと、演奏全てが狂ってしまうので責任重大です。
小さい頃から練習していれば、正確なリズム感を養えるでしょう。
ダンスを踊る時も、すぐに上達します。
欠かせないスキルなので、幼稚園児の頃から習わせてください。

先生の性格や教え方を知る

どんなに技術を持っている有名な先生でも、子どもと相性が悪いかもしれません。
それでは才能を伸ばすことはできませんし、次第に子供は音楽を嫌いになります。
教室を選択する際は自宅からの距離や費用など、様々なことを考慮すると思います。
ですが最も重要なのは、先生と子どもの相性だと思ってください。

相性が悪い先生のもとでは、どれだけ練習しても才能が伸びません。
技術を持っている先生でも、教え方がうまいとは限りません。
どんな授業をしているのか、調べてから判断すると良いですね。
体験授業を行っていたら、参加しましょう。
実際に授業を体験すれば、相性が良い先生なのか見極められます。
子どもが楽しそうにしていたら、通わせても良いでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る